90年代初頭から経営コンサルティングを通じ、紙の営業日報やSFA(営業支援システム)の研究・開発・運用を行ってきた、NIコンサルティングだからこそ実現できた、AI秘書が現場の営業活動をアシストし、一日一覧日報形式の戦略デイリーモニタリングを実現する仕組み、それが「Sales Force Assistantシリーズ」です。
一日一覧のDaily Monitoring View(日報)を見るだけで、顧客管理、商談管理、案件管理、クレーム管理、訪問計画管理などを実現し、それらの情報を元にAI秘書が必要な情報を提供します。一日一覧なので、上司のコメントなども打ちやすく、社内の情報共有、業務ナレッジの蓄積も促進させます。
 

 
 お問い合わせはこちら
渡敬情報システム株式会社 TEL:0182-32-3005

 
「可視化経営システム(VMS)」とは?
可視化経営システム(VMS)とは、「可視化経営」を実現するために必要となるITツール群です。
VMS(Visibility Management System)可視化経営システムは、「NI Collabo Smart」「Sales Force Assistant」「MapScorer」「nyoibox」「Approach DAM」「見積共有管理」「顧客の声」をサブシステムとする統合連動型システムです。
 

 

可視化経営システム概念図

 経営情報ポータル
メールやアクションリストなど個々の業務支援だけでなく、全社情報のポータル(情報の入り口)となるグループウェア。
SFAとのデータ連携により現場情報をシ-ムレスに表示可能な可視化経営システムポータルです。
 経営コックピット
社内の財務情報はもとより、営業活動情報、社外の顧客情報、クレーム情報、競合情報など、経営判断に必要なあらゆる情報を「見える化」する「経営判断支援ツール」です。
 「Sales Force Assistant」シリーズ
可視化経営の中枢をなすSFA。現場の情報を吸い上げて社内に伝える「日報神経」として現場の生の業務ナレッジを蓄積していく仕組み、それが「Sales Force Assistant」です。
 経営支援ツール
SFA・グループウェアとの連携で、顧客対応力・情報共有力・セキュリティがさらにUP!
全社共有のCRMシステムとして、可視化経営の効果をさらに高める、オプション製品群です。
業務改善ツール
日々の仕事に必要な業務アプリケーションを、ITに詳しい情報システム担当者がいなくても、実際に利用する現場のユーザーが自分で簡単に作れるプログラミング不要のクラウド型データベースです。
 
 
 お問い合わせはこちら
渡敬情報システム株式会社 TEL:0182-32-3005